健康的な睡眠サイクルの作り方

毎日すっきりと自然に起きるためには、決まった時間に寝て決まった時間に起きるのが一番いいと言われています。仕事で辞めたくなる理由の上位に夜勤による体調不良という事が挙げられます。これはこの睡眠サイクルが狂ってしまうために当然とも言えます。このサイクルの乱れはどうすれば乗り切れるのでしょうか。

まず一番に考えられるのが、夜勤前の仮眠です。仮眠は長時間とれば良いものではなく、30分程度の深い眠りが一番疲労回復効果があります。昼間に眠る際は遮光カーテンで日光を遮り、耳栓で余計な雑音をシャットアウトしてより精神を沈静化させる事が重要です。また仮眠後は日光を浴びる事で、体内時計が活動的な方向へリセットされます。なかなか寝付けないときは、ヨガも効果があります。ヨガの基本である深くて長い呼吸法は、セロトニンというホルモンの分泌を盛んにします。これはお坊さんが瞑想状態に入っている時にも多く出されるもので、心をリラックスさせ幸せな気持ちを高めてくれます。その他、ぬるめのお風呂に浸かることでも血行が促進されて寝つきが良くなります。

疲れから生まれるイライラは仕事へのさらなるストレスを生んでしまいます。何かストレス解消できる楽しみや目標を持ちましょう。お給料がでたら、旅行やショッピングに行ける、仕事が終わったら趣味のサーフィンに行ける、そういったように仕事とプライベートにメリハリを付けて自分へのご褒美を楽しみにする事が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です