病院勤務に夜勤はつきもの

病気の人は24時間いつ体調が悪化してしまうか分かりません。そのため看護師として病棟で働く場合は、24時間体制で職場に勤務する必要があります。一方家庭の事情だけでなく、自身の体調を考慮しても夜勤がきついと思っている方もおられるでしょう。

一番優先すべきはやはり自分の身体です。夜勤を行なわない看護師の勤務先には一体どのような場所が存在しているのでしょうか。医療施設の中には「病院」を名乗っている場所と「診療所」を名乗っている場所がありますが、両者の明確な違いはベッド数の差が挙げられます。一般的に診療所の方が入院設備が少なく、なかには外来だけの診療所も存在しています。入院患者様がおられなければ夜勤も必要ありませんので、夜勤がつらい方は小規模医療施設に就職するようにしましょう。

他にも看護師の就職先は病院施設だけでなく、民間企業も存在しています。民間企業の仕事は多くの場合病気の方のお世話をするのではなく、健康な人達の体調管理を行ないます。入院が必要なほど健康が悪化している社員の方は然るべき病院に行ってもらう事になりますので、企業つきの看護師は夜勤をする必要がありません。このような場所は民間企業だけでなく、保育所なども存在していますので探してみましょう。また老人ホームなどが存在していますが、老人ホームでも24時間体制で入所者を見守っているところもありますので、夜勤が必要になる事もあります。他にも看護師はアルバイトで短時間勤務する事もできますので、こうした職場であれば夜勤を強いられる事がありません。

お金が欲しい気持ちはあっても、心身を壊すほどの無理は禁物です。しかしどうしても収入面で譲れないのであれば、夜勤をこなす女性の声を聞いてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です